AI Samurai機能一覧

先行技術調査

「発明内容」を文章で入力すると、AIによる類似文献評価を行います。「発明内容」から高速で国際特許分類(I PC)を認定、最も類似する文献5件を抽出し「発明内容」の類似度の高さをA〜Dの4段階で評価。5つの類似文献を並べたクレームチャートを自動で生成します。

1

「発明内容」を文章で入力

2

検索プロセスを可視化

3

A〜Dの4段階で「発明内容」の評価を出力

  • A )検索対象の文献との類似度が極めて低い
  • B )検索対象の文献との類似度が低い
  • C )検索対象の文献との類似度が高い
  • D )検索対象の文献との類似度が極めて高い
ラーニングサーチ
先⾏技術調査と無効資料調査において、AIが出⼒したクレームチャートに、ユーザーの評価を与える機能を追加しました。ユーザー評価を⾏うことで、再検索時に評価を反映するので検索を繰り返すほどに精度が向上します。評価内容は定期的に集約してアルゴリズムの更新に活⽤するため、従来の検索システムにはない⾼精度な⽂章検索を実現します。また、IPCカテゴリーの絞り込みや重要視しているワードの重み付け検索も併用できます。

クリアランス調査

「発明内容」を入力すると、AIによる検索によって類似度が高い順に抽出された500件の特許文献のリストを約1分で生成しCSVデータをダウンロードできます。リストの項目には、書誌情報、発明の要約、請求項に加えて検索した「発明内容」の類似度が記載されます。
先行技術調査と同じ直感的な文章入力フォーム

無効資料調査

無効にしたい特許公報の登録番号もしくは、「発明内容」と調査したい基準日を入力して検索すると類似特許の抽出を自動的に行い、AIにより無効化可能性の評価をし5つの類似文献を並べたクレームチャートを生成します。

1

無効にしたい特許公報の登録番号と基準日で調査

2

無効にしたい「発明内容」と基準日で調査

知財戦略MAP

先行技術調査機能の調査結果を技術領域ごとに分けて、類似文献での評価結果や権利行使できる範囲をプロットします。キャラクターをフィールドにマッピングし、ゲームをするような感覚で、自社の知財状況を具体的に可視化し、出願状況や発明創出状況などを俯瞰して把握することができます。これにより従来より直感的でスピーディーな知財戦略計画の立案ができます。

1

キャラクターをマウスオーバーすると検索文章の概要を表示

2

キャラクターをクリックすると検索文章の詳細を表示

3

お城はIPCカテゴリーごとに配置

調査履歴一覧

入力内容やAIの判定結果を日付ごとにリスト化します。ユーザーのメモも併せて保存できるので、現在の調査ステータスや、過去の調査内容のランクなどの履歴を容易に確認できます。
  • 1

    日付ごとに検索履歴をリスト化

  • 2

    検索結果だけでなく待機、キャンセル、検索中などのステータス表示も

  • 3

    検索結果と内容をメモと一緒に確認可能

  • 4

    特許文献のデータベースやアルゴリズムの更新情報の表示