News

「IPO準備企業がとるべき知的財産戦略とは?」を語るセミナーに弊社CEO白坂一が登壇します。


  • 未上場企業における知財戦略の重要性を投資家と弁理士の立場から解説

専門部署がない、業種的に新技術開発をしていない自社には関係ない等、攻めの知財戦略を取り入れるIPO準備企業は多くありません。一方で、6月改定のコーポレートガバナンス・コードでも知財の情報開示を求められるようになるなど、知財戦略への注目は年々高まっています。IPO準備企業で知財戦略を企業価値向上につなげる方法はあるのか、知財戦略の重要性と具体的知財活用事例を弁理士と投資家が対談形式で解説します。

  • タイムスケジュール

IPO準備企業における知財の活用とCGコードへの対応
 ・知的財産とは何か?
 ・これまでの知財活用方法
 ・2021年6月改訂のコーポレートガバナンス・コードが求める知財の情報開示の充実、その理由は?
 ・具体的なコーポレートガバナンス・コード対応策
【Professional Talk Session】企業価値向上に寄与する知財戦略とは
(1)IPO準備企業における特許の重要性(なぜ取るか?)
  -なぜ未上場企業にとって知財戦略が重要になるのか
  -資金調達、提携、グローバル展開など知財を重視したベンチャー投資
  -Kipsの投資事例(トルビズオン社のビジネスモデル特許等)
(2)IPO準備企業のための知財戦略入門(どう取るか?)
  -どういう技術やビジネスが特許化できるのか(事例紹介)
  -知財部を持たない企業が如何にして知財戦略体制を構築するか
  -AI Samuraiのプロダクト活用
(3)知財のトレンド
  -CGコードへの対応だけでなく戦略的活用に向けて
  -ユニクロ×アスタリスクの特許訴訟について
(4)Q&A
  知財の専門家と投資家の目線で回答します。

※ご質問はZoomのQ&Aボタンより投稿お願いします。
※内容やご質問数によってすべてのご質問に回答することが出来ない可能性がございます。

  • セミナー概要

名称:IPO準備企業が取るべき知的財産戦略
日時:2021年11月9日(火)/13:30~14:30
講師:株式会社AI Samurai 代表取締役社長/弁理士 白坂 一氏
    株式会社Kips 代表取締役 國本 行彦氏
対象者:IPO準備企業の経営者、経営幹部・CxO、総務・知財担当の方 等
参加方法:Zoom(アプリを使用せずブラウザでの受講も可能です)
定員:500名
共催企業:株式会社東京海上日動パートナーズTOKIO/宝印刷株式会社/株式会社オービックビジネスコンサルタント
 

  • 申し込み方法

下記ページよりお申し込みください。
https://www.obc.co.jp/20211109


News top