News

日本経済新聞社&金融庁主催のFIN/SUM2021「オンライン・アイデアソン」にて、AI Samuraiメンバーが最優秀賞と部門賞を受賞しました!

テーマ「非対面の金融活動における新たな信頼構築」/主催:日本経済新聞社、金融庁


AI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区 以下 (株)AI Samurai)は、日本経済新聞社&金融庁主催のFIN/SUM2021「オンライン・アイデアソン」https://finsum.jp/ideathon.html において、AI Samurai社のメンバーが参加するチームが最優秀賞と部門賞を受賞しました。


FIN/SUM2021「オンライン・アイデアソン」とは

FIN/SUMは日本経済新聞社と金融庁が共催する日本最大級のフィンテックカンファレンスです。新型コロナウィルスによる影響を考慮してオンライン開催となったFIN/SUM2021では、新しい日常(ニューノーマル)の中で様々な社会課題の解決に向かう取り組みの一つとして「非対面の金融活動における新たな信頼構築」をテーマとしたアイデアソンが開催されました。全国の金融機関、スタートアップ、地方自治体など様々な分野から別々に集められたメンバーが、5チームに分かれておよそ1ヶ月間、オンラインのコミュニケーションのみでディスカッションを行い、3月18日のFIN/SUM当日にその成果を審査・発表しました。

https://finsum.jp/ideathon.html


この大会で、國安 慧(AI Samurai マーケティング本部所属)が参加するチーム「Smooth」は最優秀賞を、前川 剛平(AI Samurai 研究開発本部所属)が参加するチーム「for」は部門賞(市場性、実現可能性、明確性の三冠)を受賞させて頂きました。

最優秀賞「Smooth」/AI Samurai マーケティング本部アカウントエグゼクティブ・國安 慧の受賞コメント

「テクノロジーによる所有権の担保」という観点に着目し、実在する資産のトークン化によって新たな事業展開を提案。非対面での取引において、取引内容に関する信頼性をどのように担保するか/取引において入手される電子的情報の信頼性をどのように担保するかといった障壁に対して優れたアイデアを提案したことが評価されました。

今回参加させていただいたアイデアソンでは貴重な経験を得ることができました。それぞれ違ったバックボーンを持つチームメンバーと完全非対面でアイデアソンを進めることで、自分のアイデアを齟齬なく伝えること、そして相手の意見を正確に読み取ること、どちらも非常に大切なスキルだと改めて認識致しました。また、今回のアイデアソンでは金融業界の課題を大きなテーマとしており、自分の専門分野ではない領域でしたが、世界の先行事例と日本の現状を比較し、新規事業や既存技術の応用など様々な角度からアイデアを提案し議論することができました。今回のアイデアソンでの経験を活かし、顧客のニーズをより的確に捉えた適切なソリューションを提案していけるよう邁進してまいります。

(AI Samurai マーケティング本部アカウントエグゼクティブ・國安 慧)


部門賞(市場性、実現可能性、明確性)「for」/AI Samurai 研究開発本部エンジニア・前川 剛平の受賞コメント

セキュリティの観点から、実用的かつ利便性の高いサービスを提案。5つある部門賞のうち「市場性」「実現可能性」「明確性」を評価され、3部門で受賞となりました。

今回の経験を糧に、AIと人間の共創社会を目指すAI Samuraiも知財業界の課題解決に向けて一層邁進して参ります。私達のチームは、最新の情報収集を勢力的に継続し、それらに足りないもの、改善点はないか議論を繰り返し、自分たちのアイデアに取り込みアップデートを繰り返すことで、自分の知識の拡大と、アイデアのブラッシュアップを同時に行うことが出来ました。ディスカッションや発表を通して、異なる業界で活躍するメンバーやサポーターのみなさまから多大な刺激をいただきました。

(AI Samurai 研究開発本部エンジニア・前川 剛平)

また、弊社 代表取締役社⻑ ⽩坂 ⼀ は、参加者をサポートするフローティングメンバーとして参加しました。

代表取締役社長 白坂 一

博士(知識科学)、弁理士、国家試験知的財産管理技能検定委員、
特許業務法人白坂 創業者、経済産業省Healthcare Innovation Hubアドバイザー
防衛大学校 理工学部 卒業。機械学習による画像処理の研究で横浜国立大学院 環境情報学府 博士前期課程修了。
AIと人間の進歩性に関する協働に関する研究で、北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 博士後期課程修了。
富士フイルム知的財産本部に8年間在籍。
その後、特許業務法人白坂を設立、米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を兼任。
2015年に株式会社AI Samurai(旧ゴールドアイピー)を創業。

アカウントエグゼクティブ 國安慧

関西学院大学法学部卒業

学生時代にアメリカンフットボールで日本一を経験
新卒でリーガルテックカンパニーのビジネスソリューション部門でデータアナリストを経て現職
AI Samuraiでは、カスタマーサクセスチームを立上げ、顧客のソリューション提供に従事

『AI Samurai®』について

⾃粛制限によって業務に⽀障が出るのは、対⾯営業を⾏う⽅たちだけではありません。企業の新しい発明を担っている研究開発部⾨の⽅々も、テレワークではスムーズに業務遂⾏できないと感じたことはありませんか。AI Samuraiは世界で初となる、「AIを利⽤した特許類似⽂献評価システム『AI Samurai®』」の開発及び販売を⾏っています。AI Samurai®は、創出したアイデアや発明に対して、AIがその発明についてどのような公知例が存在するか、またその発明の特許取得可能性を判定するシステムです。


News top