News

AI×知財経営革新セミナー 第6弾!!『DX時代における知財契約書の実務』セミナーを2020年10月23日(金)15:00から開催します!

株式会社AI Samurai x メリットパートナーズ法律事務所共催セミナー


AI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 白坂一)は、メリットパートナーズ法律事務所(事務所:東京都千代田区内神田1-2-6 産広美工ビル7階)と、2020年10月23日(金)に『DX時代における知財契約書の実務』をテーマとしたオンラインセミナーを共催致します。


㈱AI Samuraiは2020年3月より、知的財産専門の契約書テンプレート集を提供するメリットパートナーズ法律事務所と連携し、(株)AI SamuraiのWEBサービス内にて知財に関するお役立ち情報の提供しております。
知財実務経験が無く、自身で事前調査や書類作成を行うことが難しい方々に対し、従来の特許領域のみに留まることなく、知財契約という他の知財領域における情報を併せて提供することで、AI Samurai®ユーザーの皆さまに対しさらなる付加価値を提供しております。
■知財に関するお役立ち情報URL→ https://aisamurai.co.jp/slash/

そしてこの度、知財契約支援に力を入れているメリットパートナーズ法律事務所とともに、知的財産に関するオンライン共同開催セミナーを行う運びとなりました。
このコロナ禍でもオープンイノベーションが求められる中、「自分の権利、情報が守れない」という本末転倒なことが起きないようにするためには、秘密保持契約書、共同開発契約書等の知的財産契約書の締結が重要です。また、契約書等のペーパーレス化やリモートワークが進む中、今後契約書のテンプレートやタームシートの活用が有効であると考えられます。そこで、秘密保持契約書、共同開発契約書等の実務上締結頻度の比較的高い契約書を題材として、テンプレートやタームシートを活用しながら、契約で自社の権利、情報を守る方法について、実践的な考え方や注意するポイントを、メリットパートナーズ法律事務所の知財経験豊富な飯島秀明弁護士よりご講演いただきます。

また、研究開発から権利化には力を注ぎ、権利化ののちには知財を保有しているだけの企業がまだまだ多い日本。世界では知財の活用が活発に行われており、今では特許売買等のトランザクション、ライセンス付与、知財信託等、その活用の幅は広くなっています。株式会社AI Samuraiでは、弁護士・弁理士と連携し、特許活用を早期に実現可能とし、スピーディな特許活用の交渉・訴訟進行を効率的にサポートするサービスを展開予定です。Withコロナにより積極的な知財のライフサイクルの活性化が求められる中、新しい企業の知財活用について、弊社の白坂より、AI Samuraiのシステムを利用した訴訟支援/知財活用の効率化について講演を致します。

質疑応答のお時間もご用意しておりますので、奮ってご参加ください!!

―概要―

  • 日時: 2020年10月23日(金)/15:00 ~ 17:00
  • 開催: オンライン開催YouTube Live
  • (アクセスするURLは申し込み頂いた方に別途、お知らせ致します。)
  • 対象: 知財実務ご担当者、知財戦略・知財活用にご興味のある知財ご担当者、経営戦略ご担当者
  • 参加費: 無料
    ※上記情報は変更させて頂く場合もございます。最新情報は弊社HPで必ずご確認ください。

【10月23日セミナー申し込み方法】

申し込みURL:https://forms.gle/D1pKVxb4u2L2nuvYA
申込期日:2020年10月20日(火)
※登録者数の関係上、多くの申込があった場合は抽選の形式にさせていただきますことをご容赦ください。

【セミナープログラム】 ※セミナーの内容は変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

【第一部】
『テンプレートやタームシートを活用する知財契約書の実務』
メリットパートナーズ法律事務所
弁護士 飯島 秀明

【第二部】
『AI Samuraiを活用した訴訟支援/知財活用の効率化』
株式会社AI Samurai
代表取締役社長 白坂一

【登壇講師紹介】

メリットパートナーズ法律事務所 弁護士 飯島 秀明

アメリカ合衆国・ニューヨーク州生まれ。​

2014年に上智大学法科大学院修了。2015年メリットパートナーズ法律事務所に入所後、現在まで知財系弁護士として多数の知財案件に従事。
取扱案件として、特許権侵害訴訟、特許無効審判、商標取消審判、税関輸入差止その他の知財係争事件、企業間訴訟、知財契約書、知財マネジメント、知財調査、一般企業法務(労働、株主総会、債権回収等)、破産事件、等実績がある。​

株式会社AI Samurai 代表取締役社長兼CEO 白坂 一

防衛大学校理工学部卒業。横浜国立大学院 環境情報学府 修了。
富士フイルムに8年間在籍。その後、特許業務法人白坂を設立、米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を兼任。
2015年に株式会社AI Samuraiの前身となる株式会社ゴールドアイピーを創業。特許業務法人白坂創業弁理士、国家試験知的財産管理技能検定委員。経済産業省Healthcare Innovation Hubアドバイザー

『AI Samurai®』について

『AI Samurai®』は特許庁が公開する特許公開公報と特許公報をデータベース化し、類似する先行技術の事例から出願予定の特許の登録が成立する可能性をランク別に評価するAI特許審査シミュレーションシステムです。
従来、数週間を要していた先行技術調査が数分で可能になる斬新なプロダクトとして2019年3月に第4回「JEITAベンチャー賞」(電子情報技術産業協会)を受賞しています。また、初めて使用する方でもすぐに操作できる直感的なインターフェイス、AIを擬人化したチャーミングなキャラクターについて2019年のグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しています。


News top