News

㈱AI Samuraiは、2020年7月3日にAIが発明内容から特許調査検索式を自動的に生成する新機能NINJAモード『AIコラボ検索』を追加することを発表致します!

新機能NINJAモードでは、発明内容から検索式を自動的に生成するというまるで忍術のような新しい方法によって、発明の障壁となる先行技術文献をあぶり出します!!


大阪大学発のベンチャー企業である株式会社AI Samurai (エーアイサムライ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 白坂 一)は、AI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』に、入力した発明内容からAIが検索式を自動的に生成する「AIコラボ検索(通称:NINJAモード)」という新しい機能を搭載いたします。
発明内容を文章で入力すると、入力された文章からAIが調査のための検索式を自動的に生成します。これにユーザーによるチェックを加えて検索式を修正したうえで、AIが類似文献の一覧を表示することが出来る新しい機能です。


「NINJAモード」誕生の背景

通常の特許調査は、特許分類や適切なキーワードを選定し、これらを組み合わせて検索式を構築することで一定数の技術文献を抽出します。そしてこの検索式構築には、専門的な知識やノウハウが必要であると言われています。また、ある程度特許調査の経験がある人であっても、調査対象とする技術分野が異なるとノウハウを生かすことが難しいとの声もよく聞かれます。

そこで㈱AI Samuraiでは、発明内容から検索式を自動的に生成してしまうというまるで忍術のような新しい「AIコラボ検索」機能、通称「NINJAモード」を開発いたしました。

NINJAモードは、AI特許文献評価システム『AI Samurai®』の使用方法と同じように、「発明内容」を文章で入力すると、AIが類似文献を抽出する仕組みを可視化し、検索式を自動的に生成します。また、生成された検索式は人が編集することも可能で、従来の特許検索システムのように検索式の作成から公報のレビューも可能としております。これによって、AIと人間がコラボレーションする特許調査を体感することができます。
皆さまもNINJAモードを使って、発明内容から自動的に検索式が生成されるというまるで忍術のような快感をぜひお試しください。

NINJAモードの詳細につきましては、AI Samurai知財革新セミナー第8弾として2020年7月3日に開催予定の特別記念セミナーでもご紹介を致します!
特別記念セミナーの詳細は、改めてリリースをさせて頂きますので、どうぞご参加のうえ内容をご確認ください。


AI Samurai®について

自粛制限によって業務に支障が出るのは、対面営業を行う方たちだけではありません。企業の新しい発明を担っている研究開発部門の方々も、テレワークではスムーズに業務遂行できないと感じたことはありませんか。
AI Samuraiは世界で初となる、「AIを利用した特許類似文献評価システム『AI Samurai®』」の開発及び販売を行っています。AI Samurai®は、創出したアイデアや発明に対して、AIがその発明についてどのような公知例が存在するか、またその発明の特許取得可能性を判定するシステムです。

6月1日より、⽇・⽶・中3カ国対応版『AI Samurai DELTA』遂に登場!!

<AI Samurai DELTAの魅力>
1.中国特許検索であっても、発明内容を日本語で入力するだけでOK。
自動的に翻訳されるため、日本特許検索と同じ感覚で中国特許検索も操作可能です。
初めて操作する方でも直観的に操作できる、分かり易いユーザーインターフェースを導入しています。入力は日本語や英語等の各国言語に対応しているので、「発明内容」をそのまま入力するだけで中国特許を対象とした発明内容の評価から類似文献の抽出まで自動的に処理を実行。日本特許や米国特許等、各国特許の中国特許による無効資料調査も簡単に実施することができます。

2.中国特許検索であっても、構成要件毎に各文献の該当箇所を日本語で表示。
同一画面上で各構成要件vs.各文献の該当段落の表記を日本語で確認可能です。
従来のAI Samurai®同様、「発明内容」を構成要件ごとに分割し、自動的にクレームチャートを生成します。さらに構成要件ごとに、各類似文献の中から類似度の最も高い箇所を段落単位で提示。段落の表示は日本語での表示も出来るので、クレームチャートを確認しながら、各構成要件と各文献の該当段落の表記を日本語で比較確認することが可能です。

(検索画面イメージ)


News top