News

【本セミナーは延期になりました】(株)AI SamuraiはAI×知財経営革新セミナー特別編『企業とアカデミアにおける知財戦略の在り方と連携』を東京および大阪で開催します。

セミナーに参加頂いた皆様には、AI Samurai®の新機能発表を記念して、調査サービスAI Samurai Slashの特別クーポンをプレゼントします!みなさま奮ってご参加下さい。


AI特許審査シミュレーションシステム『AI Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 白坂一)は、AI×知財経営革新セミナー特別編を、東京(2020年3月3日(火)会場:Global Business Hub Tokyo)と大阪(2020年3月5日(木) 会場:大阪大学中之島キャンパス)の二都市において開催します。


今回のセミナーは、「AI×知財経営革新セミナー」の特別編として、株式会社TLO京都(本社:京都府京都市、代表取締役社長 佐々木剛史)・トヨタテクニカルディベロップメント株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長 香川佳之)・弊社(AI Samurai社)の3社合同開催となります。
イベントの基調講演としましては、株式会社TLO京都の代表取締役社長 佐々木剛史氏をお迎えし、日本の技術競争力強化そして自社がとるべき知財戦略について、企業とアカデミアの両面からお話頂きます。また、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社の宮澤悠弁理士は「知財実務におけるAIの活用事例~効率的な利用方法と今後の課題~」という内容で講演していただきます。また、弊社代表取締役白坂一よりAI Samurai®の最新機能『発明創出AI』を紹介させていただき、多角的な視点からリーガルテクノロジーの最新事情をご紹介させていただきます。

そして、東京セミナーではスペシャルゲストとして、DLA PIPER法律事務所 Daniel Christenbury弁護士にもご登壇頂きます。

参加者には抽選で特別クーポンをプレゼント
また、本セミナーに参加頂いた皆様には、AI Samurai®の新機能お披露目を記念して、AI Samurai®による調査サービス(AI Samurai Slash)特別クーポンをプレゼント致します!みなさま是非ご参加下さい。

 ☆大企業様向け:AI Samurai®による無効資料調査サービス 半額クーポン
 ☆イノベーティブ企業様向け:AI Samurai®による先行技術調査サービス 10社抽選無料クーポン

―東京開催―
日時:2020年3月3日(火)/13:00~16:00(開場12:45)
会場:Global Business Hub Tokyo(アクセス:https://www.gbh-tokyo.or.jp/access
   東京都千代田区大手町1丁目9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F

―大阪開催―
日時:2020年3月5日(木)/13:30〜16:00(開場13:00)
会場:大阪大学中之島センター(https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/
   大阪市北区中之島4-3-53

対象: 知財戦略・産学連携にご興味のある開発エンジニア・企業知財御担当者、アカデミック関係者
入場料:無料(50人程度を予定しています。)

【申し込み方法】

ご参加ご希望の方は下記の申し込みフォームより入力お願い致します。
申し込みフォーム:https://forms.gle/BPtfPJ1gB8ajyPJ18
申込期限:2020年2月28日(金)
※席数の関係上、満席になった場合は抽選の形式にさせていただきます事ご容赦ください。

【セミナープログラム】

※セミナーの内容は変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
【開会の挨拶】
株式会社AI Samurai 代表取締役社長 白坂 一
【基調講演】「企業とアカデミアにおける知財戦略の在り方と連携 ~より良い産学連携を目指して~」
株式会社TLO京都 代表取締役社長 佐々木剛史 様
【休憩】
【第一部】「知財実務におけるAIの活用事例~効率的な利用方法と今後の課題~」
トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 宮澤悠 様
【第二部】「米国における知的財産とAIの最前線」※東京開催のみとなります
DLA PIPER法律事務所 Daniel Christenbury弁護士
【第三部】「AI Samurai®の最新機能『発明創出AI』の紹介」 
株式会社AI Samurai 代表取締役社長 白坂一
【抽選会】
【閉会の挨拶】

~基調講演概要~

佐々木氏は、トヨタ自動車株式会社東京技術部部長及び知的財産部部長を経験後、ヨタテクニカルディベロップメント株式会社常務取締役に就任。同社専務取締役を経て、現在は株式会社TLO京都の代表取締役社長をされております。大企業知的財産部を牽引された後、現在は産学連携という一見異なる現場でご活躍される佐々木氏には、ご自身のご経験をもとに、「企業とアカデミアにおける知財戦略の在り方と連携」についてご講演を頂きます。グローバル化や環境変化の著しい時代の中で日本の競争力強化に向けて、アカデミアシーズの社会実装を促進するための産学連携についてお話頂きます。~セミナー概要および講師紹介~

第一部
ヨタテクニカルディベロップメント株式会社宮澤悠弁理士より、「知財実務におけるAIの活用事例~効率的な利用方法と今後の課題~」についてご講演いただきます。宮澤弁理士は2018年の特許検索競技大会でのゴールド認定経験があり、特許調査のみならず特許訴訟においてのご経験をされていらっしゃいます。トヨタテクニカルディベロップメント株式会社には2018年の当初よりAI Samurai®を導入頂き、実際の特許調査との比較検証を重ねながらAI Samuraiの開発にご協力を頂いてまいりました。AI Samurai®のみならず、他の多くの知財ツールを併用しながら知財業務を進めていく中で、知財実務におけるAIの効率的な利用方法、問題点と今後の課題について、実務者だからこそ語れる率直なご意見をお話頂きます。 

第二部
DLA PIPER法律事務所 Daniel Christenbury弁護士による「米国における知的財産とAIの最前線」に関するご講演です。AI関連特許出願件数が圧倒的に多い米国において、AI関連特許出願の審査状況、訴訟状況等、最新の情報をお話頂きます。(Daniel Christenbury弁護士:フィラデルフィアオフィスのチェアを務めるパートナー弁護士。1981年リーハイ大学化学科卒業。1985年リッチモンド大学にてMBA・法務博士号取得。主に国内外の特許審査、商標訴追を含む知的財産案件を担当。特許訴訟、特許侵害、特許有効性及び執行に関する助言や調査、また特許ポートフォリオ、ライセンシング、IP契約を構築するための戦略的アドバイスも行っている。米国知的所有権法協会のメンバー。)

第三部
「AI Samurai®の最新機能『発明創出AI』の紹介」と題しまして、株式会社AI Samurai代表取締役社長白坂一より、デモンストレーションを交えた新機能のご紹介を予定しております。新機能『発明創出AI』は、AI Samurai®による特許調査を行う過程で入力した情報を有効活用することにより、特許出願書類の作成を支援いたします。調査業務のみならず、発明創出~特許出願までの業務を効率的に行う新しい知財業務フローをご紹介します。

『AI Samurai®』について

AI Samurai®』は特許庁が公開する特許公開公報と特許公報をデータベース化し、類似する先行技術の事例から出願予定の特許の登録が成立する可能性をランク別に評価するAI特許審査シミュレーションシステムです。
従来、数週間を要していた先行技術調査が数分で可能になる斬新なプロダクトとして2019年3月に第4回「JEITAベンチャー賞」(電子情報技術産業協会)を受賞しています。また、初めて使用する方でもすぐに操作できる直感的なインターフェイス、AIを擬人化したチャーミングなキャラクターについて2019年のグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しています。

特許庁『知財インテリジェンスサービス』において無料版を体験することができます。
特許庁『知財インテリジェンスサービス』
URL:  https://www.jpo.go.jp/support/general/ip-intelligence/intro-10.html


News top