News

㈱AI Samuraiの白坂一CEOが、特定非営利活動法人インデペンデンツクラブ主催の「インデペンデンツクラブ新春交流会@大阪」に登壇致しました。

スタートアップ・中小企業の経営者向けイベントにて、自社事業に関するスピーチを実施


AI特許審査シミュレーションシステム『AI Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区)の代表取締役社長CEOの白坂一は2020年1月24日(金)15:00 – 18:00に開催されるインデペンデンツクラブ新春交流会@大阪に登壇しました。


インデペンデンツクラブとは

「個性溢れる起業家を発掘し、一人でも多くの人と一緒に、1社でも多くの公開会社を育てる 」を企業理念とした(株)kipsの運営する会員制の特定非営利活動法人です。
理念の実現に向けて、起業家同士の交流や事業シナジーを促進するためのイベントを実施されています。

インデペンデンツクラブ新春交流会 開催情報

日時: 2020年1月24日(木) 15:00 – 18:00 
会場:東京、名古屋、大阪にて開催(白坂は大阪会場にて登壇) 
http://www.independents.jp/event/item000455

トピック

1月24日のインデペンデンツクラブ新春交流会は、会員(スタートアップ、ベンチャー企業経営者)による自社事業の内容や将来性のスピーチを行うパートがあり、白坂は、スタートアップ向けのAI Samurai事業内容をトピックとして登壇致しました。

代表取締役社長 白坂一のコメント

「AI Samuraiのサービスおよび自社事業の今後の展開についてスピーチができました事感謝申し上げます。現在のAI Samuraiのメインクライアント様は大企業ですが、段階的に、日本の中小企業、スタートアップの知財力向上にも貢献したいと考えております。AIによる発明創出支援システム開発と、特許事務所との提携強化により、スタートアップや中小企業向けマーケットを普及させていきたいと考えております。」

白坂一プロフィール

代表取締役社長兼CEO 白坂 一
防衛大学校理工学部卒業。横浜国立大学院 環境情報学府 修了。
富士フイルムに8年間在籍。その後、特許業務法人白坂を設立、米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を兼任。2015年に株式会社AI Samuraiの前身となる株式会社ゴールドアイピーを創業。特許業務法人白坂創業者、弁理士、国家試験知的財産管理技能検定委員。

『AI Samurai®』について

AI Samurai®』は特許庁が公開する特許公開公報と特許公報をデータベース化し、類似する先行技術の事例から出願予定の特許の登録が成立する可能性をランク別に評価するAI特許審査シミュレーションシステムです。
従来、数週間を要していた先行技術調査が数分で可能になる斬新なプロダクトとして2019年3月に第4回「JEITAベンチャー賞」(電子情報技術産業協会)を受賞しています。また、初めて使用する方でもすぐに操作できる直感的なインターフェイス、AIを擬人化したチャーミングなキャラクターについて2019年のグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しています。

特許庁『知財インテリジェンスサービス』において無料版を体験することができます。
特許庁『知財インテリジェンスサービス』
URL:  https://www.jpo.go.jp/support/general/ip-intelligence/intro-10.html


News top