News

『IP Samurai®』(無料版)利⽤者の『1111⼈』突破を記念し、「人間参加型の機械学習を活用する知財戦略構築法」セミナーを開催いたします。

『AI Samurai®』を用いた体験セミナーに加え、MASSパートナーズ法律事務所の代表パートナーである溝田宗司弁護士に、知財戦略の在り方について御講演頂きます!


特許庁が昨年の5月から知財情報の活用を促進するために開放している「知財インテリジェンスサービス」において、株式会社AI Samurai(エーアイサムライ)社(東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO 白坂一)が開発・販売するAI搭載型の類似特許文献評価システム『IP Samurai®』の無料版利用者が1111人を超えました。それを記念して特許審査シュミレーションシステム『AI Samurai®』を用いた「人間参加型の機械学習を活用する知財戦略構築法」セミナー(第一回情報技術分野版)を開催いたします。
また、MASSパートナーズ法律事務所の代表パートナーである溝田宗司弁護士をお招きし、「AI時代の知的財産戦略(仮称)」~と題しましてご登壇いただきます。


大阪大学発のベンチャー企業である株式会社AI Samurai (エーアイサムライ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白坂 一)は2019年8月より人工知能を用いた類似特許文献評価システム『AI Samurai®』正規版を販売しています。それと共に、弊社では『AI Samurai®』の機能を簡素化させた無料版の『IP Samurai®』を特許庁の「知財インテリジェンスサービス」で開放しています。
今回無料版の『IP Samurai®』利用者が1111名を突破したことを記念して、9月25日(水)の午後2時より、FINOLAB(東京都千代田区有大手町)で、情報技術分野にフォーカスした「人間参加型の機械学習を活用する知財戦略構築法」の第1回を開催いたします。

『AI Samurai®』、『IP Samurai®』を利用している方を優先に無料招待しますので皆様ふるってご参加ください。

「人間参加型の機械学習を活用する知財戦略構築法」セミナー概要

【第一部】
弊社代表取締役社長の白坂一より、人工知能をどのように知的財産経営の場で有効利用するかについてお話しさせていただきます。ご来場の方々には、人工知能を搭載した『AI Samurai®』を実際に体験していただく機会もございます。今回は、情報技術分野を対象にした内容となっております。

【第二部】
島野製作所 vs APPLEの訴訟で島野製作所の代理人を務めているMASSパートナーズ法律事務所の代表パートナーである溝田宗司弁護士より、「AI時代の知的財産戦略(仮称)」に関するご講演いただきます。

無料版の『IP Samurai®』利用者が1111名を突破記念セミナー

タイトル:「人間参加型の機械学習を活用する知財戦略構築法」セミナー(1)

日時:2019年9月25日(水)/14:00〜16:30(開場13:45)
会場:FINOLAB(東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階)
アクセス:東京メトロ丸ノ内線、千代田線、半蔵門線、東西線、都営三田線「大手町駅」直結。
https://finolab.tokyo/jp/aboutus/
対象:情報技術分野の製品開発をする技術担当者・知的財産担当者
持ち物:AI Samurai利用のためのノートパソコン
入場料:無料(30人程度を予定しています。)
無料版『IP Samurai®』、『AI Samurai®』、を利用している方を優先させていただきます。

タイムテーブル

13:45 開場
14:00   開会
開会挨拶  白坂一代表取締役CEOからの挨拶
14:05    【第一部】
     株式会社AI Samurai 代表取締役社長 弁理士 白坂一より
     ~AI Samuraiを用いた情報技術分野における効率的利用方法~
実際にAI Samuraiを御利用いただながらのセミナーとなりますので、ノートパソコンを持参の上ご参加下さい。
15:15      休憩
15:30    【第二部】
       MASSパートナーズ法律事務所 代表パートナー 溝田宗司弁護士より
     「AI時代の知的財産戦略(仮称)」~
16:30   閉会
※一部変更になる可能性があります。

月末のお忙しいところ恐縮ですが、是非お誘い合わせの上ご参加頂けますと幸甚です。
ご参加ご希望の方は下記の申し込みフォームより入力お願い致します。

申し込みフォーム

※申込期日 2019年9月23日(月)
https://forms.gle/R6LrWSdhmkn8Dw399
※席数の関係上、満席になった場合は大変申し訳ありませんが抽選の形式にさせていただきます事ご容赦ください。​

【講師紹介】MASSパートナーズ法律事務所 弁護士 溝田宗司

学歴:同志社大学工学部電子工学科(2002年)
   大阪大学法科大学院(2008年)
   2012- 首都大学東京MBA非常勤講師(知財)
経歴:2002.04-2005.02 日立製作所知的財産権本部特許第二部
   2011.01-2016.12 内田・鮫島法律事務所
   2017.01-2019.01 溝田・関法律事務所
   2019.02- MASSパートナーズ法律事務所

一般社団法人日本国際知的財産保護協会 (AIPPI)所属
アジア弁理士協会(APAA)所属
専門分野:知財訴訟、仲裁、知財戦略アドバイスなど
最近の訴訟:島野製作所 vs  アップル訴訟の島野製作所側の代理人


株式会社AI Samurai 代表取締役社長 弁理士  白坂 一

防衛大学校理工学部卒業。横浜国立大学院 環境情報学府 修了。北陸先端科学技術大学院大学 博士課程在学。
富士フイルムに8年間在籍。その後、特許業務法人白坂を設立、米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を兼任。2015年に株式会社AI Samuraiの前身となる株式会社ゴールドアイピーを創業。特許業務法人白坂創業者、弁理士、国家試験知的財産管理技能検定委員


特許庁『知財インテリジェンスサービス』の『IP Samurai®』とは

知財情報の分析・活用の重要度の高まりや、特許出願技術動向調査ではカバーしきれないユーザー特化型の知財情報分析の需要の高まりを受けて、より広く手軽に特許情報分析サービスを利用し、知財情報の活用を促進するため、特許庁が情報を公開している知財関連の無料サービス・特許情報解析ソフトです。            特許庁のwebサイトにおいて、株式会社AI Samuraiの『IP Samurai®』を含む全7サービスが紹介されています。

尚、無料版では、日本特許庁発行の2014年4月~2019年2月の特許公報(無料版のため件数を一部制限)を掲載しており、搭載データは、全ての日本特許庁のデータを母集団とはしておりません。特許性に関する評価は、ワンランク程度低い評価可能性であるとご理解ください。また、引例の根拠、引例の番号は無料版では記載しておりません。

■『IP Samurai®』無料版
(Gmail・Facebook・Githubアカウントの認証にてアクセス可)
https://ipsamurai.jp/
■知財インテリジェンスサービス(『IP Samurai®』製品紹介)
https://www.jpo.go.jp/support/general/ip-intelligence/intro-10.html
■知財インテリジェンスサービス一覧(特許庁)
https://www.jpo.go.jp/support/general/ip-intelligence/index.html

『AI Samurai®』について

大阪大学発のベンチャー企業である(株)AI Samuraiは人工知能を活用したAI搭載型の特許審査シュミレーションシステムである『AI Samurai®』を今年8月より開発・販売しています。新機能として「知財戦略MAP」(IPランドスケープ)や「発明者日記」(調査履歴一覧)に加え、AIにより抽出した文献ごとやクレームチャートにおける構成要件ごとにユーザーが類似評価のフィードバックを行い、学習したうえで再検索を行う事ができる「ラーニングサーチ機能」(学習再検索機能)を搭載しています。本機能により検索を繰り返すほどに精度を向上させることができる事で、従来にない高精度な文章検索を実現し、圧倒的な業務効率の削減を目指します。
『AI Samurai®』は特許庁が公開する特許公開公報と特許公報をデータベース化し、類似する先行技術の事例から出願予定の特許の登録が成立する可能性をランク別に評価することができ、従来数週間を要していた先行技術調査が数分で可能になり、その斬新なプロダクトが評価され2019年にJEITAベンチャー賞(電子情報技術産業協会)を受賞しました。


News top