AI Samurai - 無料トライアル

contact

menu

What's IP Samurai?

『人間とAIとの共創世界』
を合言葉に開発された IP Samurai
AI搭載型の特許判定システムであるIP Samuraiはアメリカと日本の特許データベースにアクセスし、発明の新規性・進歩性を高速かつ判断することでユーザーの知的財産創出を支援します。
発明内容を入力すると、人工知能による仮想審査シミュレーションを実施するサービスです。発明内容から国際特許分類(IPC)を自動認定し、A〜Dの4ランクで特許可能性について判定します。

IP Samurai 無料版(一部機能)

IP Samurai 無料版の特徴

アイデア、クレーム(請求項)等の文章により表される発明内容を入力し、 検索をすると、人工知能による仮想審査シミュレーションを行います。発明内容から自動的にクレームチャートを作成するとともに国際特許分類(IPC)を自動認定し、引例との一致点を表示しながら、A〜Dの4ランクで新規性・ 進歩性の程度について判定します。

無料版結果画面

IP Samurai 無料版の概要

  • 発明内容を入力し、自動で引例を検索し、新規性・進歩性の特許性に関する判定が可能

  • 発明内容の入力は多言語に対応しているため、日本語、英語その他の言語で可能

  • 引例の対象:米国特許商標庁発行の2016年および数年分の約130万件の特許公報を対象(無料版のため件数を一部制限)

  • 評価:特許性の評価はA~Dの4ランクで表示

    • A )拒絶理由を有さない可能性が極めて高い
    • B )拒絶理由を有さない可能性が高い
    • C )拒絶理由を有する可能性が高い
    • D )拒絶理由を有する可能性が極めて高い
  • 請求項の構成要素ごとの類似度を判定
    請求項の構成である要素ごとにスコアを判定し、そのスコアを0〜1で正規化して%として出力

IP Samurai 有料版(全機能)

IP Samurai 有料版の特徴

発明内容を入力すると、人工知能による仮想審査シミュレ一ションを行います。発明内容から自動的にクレームチャートを作成するとともに国際特許分類(IPC)を自動認定し、引例との一致点を表示しながら、A〜Dの4ランクで新規性・進歩性の程度について判定します。侵害性調査および無効調査も可能となっています。

有料版結果画面

IP Samurai 有料版の概要

  • 発明内容を入力し、自動で引例を検索し、新規性・進歩性の特許性に関する判定が可能

  • 発明内容の入力は多言語に対応しているため、日本語、英語その他の言語で可能

  • 引例の対象:α版は米国特許商標庁、β版は日本特許庁で公開している特許公報および特許公開公報を対象(一部)

  • 評価:特許性の評価はA~Dの4ランクで表示

    • A )拒絶理由を有さない可能性が極めて高い
    • B )拒絶理由を有さない可能性が高い
    • C )拒絶理由を有する可能性が高い
    • D )拒絶理由を有する可能性が極めて高い
  • 請求項の構成要素ごとの類似度を判定
    請求項の構成である要素ごとにスコアを判定し、そのスコアを0〜1で正規化して%として出力

  • 類似度が高い公報番号のリンクを出力

IP Samurai 無料版の使用方法

  • ログイン方法

    ログイン方法

    赤枠記載のGmail、Facebook、Twitter、Githubのいずれかでログインをしてください。これらのIDを持っ ていない方は、 弊社メールアドレスまでご連絡頂ければ、新規IDおよびパスワードを発行します。

    手順1
  • ログイン方法

    多言語による発明内容の入力可能

    アイデア、クレームなど文章で発明内容を入力していただき、虫眼鏡の検索ボタンを押してください。IP Samurai(無料版)は、米国特許商標庁の米国特許公報を検索対象としますが、入力される発明は日本語、英語など多言語対応をしております。英語であれば、そのままの発明内容により検索をしますが、その他の言語であれば自動翻訳をして検索を行います。

    手順2
  • ログイン方法

    国際特許分類(IPC)の自動認識

    入力した発明内容から検索中に自動で国際特許分類(IPC)を認識します。特許出願書類作成時にはIPCの記入をしなければなりませんが、それが自動認定されることから、IPCの検討負担が軽減されます。また、出願前に調査すべきIPCがわかることで、IP Samuraiではなくご自身で調査されるときのIPC認定にも役立ちます。
    『FIND CATEGORY』欄のIPCをクリックしていただくと、IPCの解説ページにアクセスできます。

    手順3
  • ログイン方法

    仮想審査シミュレーション

    特許性の判定結果は4ランクで表示されます。

    • A )拒絶理由を有さない可能性が極めて高い
    • B )拒絶理由を有さない可能性が高い
    • C )拒絶理由を有する可能性が高い
    • D )拒絶理由を有する可能性が極めて高い

    クレームチャートのパ一セントは、発明の構成要件と引例とを比較した類似度を示しています。 発明創作時や国内外の出願検討時に権利取得の見込みを知りたい場合に有効活用でき、発明創出のブレインストーミングやハッカソンなどにも効果的です。

    手順4

    ※無料版では、米国特許商標庁の2005~2009年および2016年発行の特許公報を対象としており、全ての米国特許商標庁のデータを母集団とはしておりません。類似度に関する評価は、ワンランク程度低い評価可能性であるとご理解ください。また、類似文献の番号は無料版では不記載となっています。

  • 手順5

    さあ、あなたのアイデアの特許性を審査しましょう!