News

(株)AI Samuraiは、2020特許情報フェアオンラインの出展にちなんだ、特別セミナーを12月9日に開催致します!AI Examiner®をコンセプトにした新機能もご紹介します!

トヨタテクニカルディベロップメント株式会社と共同セミナーを開催、新機能も登場!


AI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 白坂一)は、日本・米国・中国 3ヶ国の特許調査を短時間で実現する『AI Samurai®』を利用した知財業務のDX事例を中心に新機能の紹介などを行う特別セミナーを開催いたします。


新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響によりオンラインになった2020特許情報フェアの出展にちなんだ、オンライン特別セミナーを12月9日に開催致します。
知財業務のデジタルトランスフォーメーションをテーマに、AIによって特許調査を短時間で⾼品質に実現する『AI Samurai®』の活用と付き合い方に触れながら、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社の大橋様より「AI Samurai®の活用事例とこれからのAI特許調査」という内容で特許調査のDXへの取り組みなどをお話いただく予定です。また、AI Samurai®のテクノロジーの概要を大阪大学の鬼塚教授とCTO三上の対談形式でお伝え致します。本セミナーの後半では、AI Examiner®(AIでの審査官の再現)をコンセプトに開発した、クレームチャートの編集作成と日米中のデータベース横断調査ができる新機能と、その活用方法や今後の期待を対談形式でご紹介致します。

―概要―

日時:   2020年12月9日(水)/15:00 ~ 17:00
開催:   オンライン開催 YouTube Live(アクセスするURLは申し込み頂いた方に別途、お知らせ致します。)
対象:   知財戦略にご興味のある知財ご担当者、経営戦略ご担当者
参加費:無料
※上記情報は変更させて頂く場合もございます。最新情報は弊社HPで必ずご確認ください。

【12月9日セミナー申し込み方法】

申し込みURL:https://forms.gle/xG8UBQj8oMNZY2ZQ9
申込期日:2020年12月8日(火)

【セミナープログラム】

※セミナーの内容は変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

開会の挨拶
第1部 :   講演 AI Samuraiの活用事例とこれからのAI特許調査
    トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 事業開発部 インサイドセールス推進室 大橋玲沙

第2部 :   AI Samuraiのテクノロジーについて
    大阪大学大学院情報科学研究科 鬼塚真教授
    AI Samurai 取締役CTO 三上崇志

第3部 :   AI Examinerの紹介と期待について
    AI Samurai 代表取締役社長CEO 白坂 一
      トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 大橋玲沙
閉会の挨拶

【登壇者プロフィール】

大阪大学 大学院情報科学研究科 マルチメディア学専攻 教授 鬼塚真

1991年東京工業大学卒。同年、NTT入社。2000-2001 年ワシントン大学客員研究員、2013年電気通信大学客員教授。2012年 年NTT 特別研究員 博士(工学)。現在,大阪大学大学院情報科学研究科教授。これまで主記憶オブジェクトリレーショナルデータベース LiteObject,XMLストリーム処理エンジン XMLToolkit,クラウド基盤システム CBoC type2 の研究開発に従事。現在は,大規模グラフ分析,分散処理クエリ最適化,機械学習等を用いたデータ分析処理に取り組んでいる。

トヨタテクニカルディデベロップメント株式会社 事業開発部 大橋玲沙

2014年トヨタテクニカルディデベロップメント株式会社入社。特許検索競技大会2016ブロンズ受賞。

【AI Samurai 取締役 プロフィール】

代表取締役社長兼CEO 白坂 一

防衛大学校 理工学部 卒業。機械学習による画像処理の研究で横浜国立大学院 環境情報学府 修了。富士フイルム知的財産本部に8年間在籍。その後、特許業務法人白坂を設立、米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を兼任。2015年に株式会社ゴールドアイピー(現 株式会社AI Samurai)を創業。特許業務法人白坂 創業者、弁理士、国家試験知的財産管理技能検定委員、経済産業省Healthcare Innovation Hubアドバイザー北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 博士課程後期在学。

取締役CTO 三上 崇志

京都大学理学部卒・大学院修了(情報学研究科)。三菱電機入社し在職中はテキストマイニング、カーナビシステム、エコーキャンセラ等の研究に従事する。2010年度IPA未踏事業でスーパークリエータとして認定される。起業後はSNS開発、アプリ開発、ゲームアプリ等を企画、開発、運営し、ヴイストン株式会社にてコミュニケーションロボットSotaのソフトウェア開発を先導する。2018年に株式会社ゴールドアイピー(現 株式会社AI Samurai)のCTOに就任、基幹サービスであるAI Samurai®開発の中心メンバーとして活動。

AI Samurai 取締役 CIPO  播磨里江子

慶應義塾大学理工学部卒・大学院修了(管理工学科)。小学生のときに海岸でテトラポットを見て「特許」を知り、在学中に弁理士資格を取得。特許事務所及び企業知財部を経て、特許業務法人白坂の役員就任、その後、2016年に株式会社ゴールドアイピー(現 株式会社AI Samurai)の取締役に就任。弁理士、東京都医工連携HUB機構APM、日本弁理士会知財教育支援委員。


News top